161110_icono_product_teaser Shape Shape 161110_icono_product_teaser icon-arrow-left icon-arrow-right icon-first icon-last 161110_icono_product_teaser 161110_icono_product_teaser location-pin 161110_icono_product_teaser 161110_icono_product_teaser contact-desktop-white careers-desktop-white

デジタルの未来に巨額の投資:DBシェンカーは、国際的なインターネットマーケットプレイス企業であるuShipの持分を取得しています。

DBシェンカーは、資本の増加に伴い2500万米ドルを投資• 戦略的な協力関係を強化

DBシェンカーは、アメリカに拠点を置くオンライン輸送マーケットプレイス企業であるuShipとの戦略的協力関係の強化に巨額の投資を行い、ビジネスモデルのデジタル化を押し進めています。資本の増加に伴い、国際的なロジスティクス企業であるDBシェンカーは、2500万米ドル (およそ2400万ユーロ) を、物流サービスのオンラインプラットフォームに投資しています。

シェンカーAGのCEOであるJochen Thewesはこう述べています。「良好な提携関係の拡大は、輸送管理のより能率化をもたらし、ヨーロッパ陸上輸送のマーケット・リーダーである当社にとって、より大量貨物輸送の取扱効率化を可能にします」「当社は従来の伝統的なビジネスモデルを超えた、新しい成長機会を素早く開発し、導入します。これは今日まで当社がデジタル企業に最大の持分投資であり、DBシェンカーのイノベーションに対する真剣さをご理解いただけるかと思います。つまり、デジタル・ロジスティクスの未来に投資しています。」とも語っています。

uShipのCEOであるMike Williamsは「ロジスティクス技術への前代未聞の投資は、貨物輸送に革命を引き起こしています。」と、述べています。「DBシェンカーのような大手企業は、賢くイノベーションを活用し、オペレーションを自動化・デジタル化することで、効率性と収益性を向上させています。昨年、uShipとDBシェンカーは素晴らしい連携を発揮し、大規模な転換期において主導権を握ることができています。加えて戦略的投資を通してさらなる提携関係を深めていきたいと大きく期待を寄せています。」DBシェンカーは、uShipの取締役会に株主として役員を派遣しています。

uShipとDBシェンカーは、2016年5月に協定に合意しました。 19か国以上で荷主と輸送業者をつなぐuShipのプラットフォームは、携帯デバイスを用いて貨物輸送を最適化する、マーケットリケットーダーです。 DBシェンカーは現在、陸上輸送にDrive4Schenkerというオンラインプラットフォームを利用しています。これにはuShipの技術を使用し、ヨーロッパのおよそ3万の輸送提携先をつないでいます。ドイツで今月新しく発表された新しいサービスは、他国にも徐々に拡大される予定です。

、DBシェンカーによるuShipの株式取得は、DBグループのデジタル化キャンペーンの一環です。 キャンペーンの一環として設立されたドイツ鉄道デジタルベンチャー GmbHのチームは、DBシェンカーにアドバイスを提供しました。